岸を離れる日 手嶌葵 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

手嶌葵
公式サイト
岸を離れる日  ♪  手嶌葵
作詞 : 谷山浩子
作曲 : 谷山浩子

その日も川は流れてた
いつもと変わらぬ姿で
なぜだか わけも知らず家を出て
わたしはひとり歩き出した

赤い靴をはいていた
初めてはいた 赤い靴
夢から生まれ出た赤い火が
とまどう足を せきたてる

わたしをどこへ誘う
明け方の道

夜明けの風の岸に立ち
透明な炎のように
心は燃えていた あなたへと
やみくもにただ あなたへと

わたし 無造作に靴を脱いで
投げた瞬間も 上の空で
あなたに ただあなたに会いたくて
あなたに ただ届きたくて

でもわたしを乗せた舟は
わたしだけ乗せてすべり出した
これから始まる旅の孤独を
孤独とさえ まだわからずに

わたしをどこへ運ぶ
運命の川
体は空に溶けて
虚空をいだく

岸を離れ 走る舟の
風がわたしの髪を乱し
心は燃えていた あなたへと
やみくもにただ あなたへと


ミニ情報
ヤマハ「ウタっちゃ」CMソング
アルバム「春の歌集」収録曲
手嶌葵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
手嶌葵「岸を離れる日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ