ありあまる地上の憂鬱とよろこび - 19の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

ありあまる地上の憂鬱とよろこび

 ♪ 

19

作詞 : イワセケイゴ
作曲 : イワセケイゴ

ささあこのまま何もかもをなくしていて笑ってみた
それぞれに 悲しみも想いやりも「それくらいは」って流されて
いつか見てゆけそう? この先もっと「求めるべきの‥」へと
未来は 咲かせてみつけて 地図はなくしたけど

今日よ凍えだす事にもうあきました
だけどそこで 思った

いつか 僕らにもなく 僕らにモラル
トビラの外 苦しめてゆく
そこにたった1つだけでいい
影をなくして

夕方をいそぐ空にも頼りそうに色深めて
幸せなく正しさの意味さえもにごり この世界は耐えられず

僕は生きていますそれだけ持って 何も迷わず進んでゆく
邪魔はしないでいて キズは隠したけど
ノート はしり書きの上のあとを たどる人
人をそっと包んで

時が いずれくれば片付くのでしょう
せつなさすぎゆく昨日より
口ずさむ君の歌をつなぐ声にこめて

いつかつぐなうこと届かず終わり
それでもきっときつく 抱いてゆき
僕はまだ生きてゆけます
もう心配しないで。


19の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
以心伝心
あの青をこえて
三分間日記
いつもどおりのまま
すべてへ
おめでとう
背景ロマン
あの紙ヒコーキ くもり空わって
卒業の歌、友達の歌。
大自然
ありあまる地上の憂鬱とよろこび/19の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ