19「ありあまる地上の憂鬱とよろこび」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 19 > ありあまる地上の憂鬱とよろこび 歌詞

「ありあまる地上の憂鬱とよろこび」歌詞

歌手:19
作詞:イワセケイゴ
作曲:イワセケイゴ


ささあこのまま何もかもをなくしていて笑ってみた
それぞれに 悲しみも想いやりも「それくらいは」って流されて
いつか見てゆけそう? この先もっと「求めるべきの‥」へと
未来は 咲かせてみつけて 地図はなくしたけど
 
今日よ凍えだす事にもうあきました
だけどそこで 思った
 
いつか 僕らにもなく 僕らにモラル
トビラの外 苦しめてゆく
そこにたった1つだけでいい
影をなくして
 
夕方をいそぐ空にも頼りそうに色深めて
幸せなく正しさの意味さえもにごり この世界は耐えられず
 
僕は生きていますそれだけ持って 何も迷わず進んでゆく
邪魔はしないでいて キズは隠したけど
ノート はしり書きの上のあとを たどる人
人をそっと包んで
 
時が いずれくれば片付くのでしょう
せつなさすぎゆく昨日より
口ずさむ君の歌をつなぐ声にこめて
 
いつかつぐなうこと届かず終わり
それでもきっときつく 抱いてゆき
僕はまだ生きてゆけます
もう心配しないで。

19の人気ランキング

19の歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.