夏の終わりの蜃気楼 - 平川地一丁目の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

平川地一丁目
公式サイト
夏の終わりの蜃気楼  ♪  平川地一丁目
作詞 : 林龍之介
作曲 : 林龍之介

遅く起きた窓から夢の世界が見える
走り回る子供の笑い声が聞こえる

それはまるであの日の僕のようだった
夏の終わりの風 窓をたたいた

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

小さい頃誰かに包まれた僕の手が
今ではこの空まで隠すことができる

写真に写る僕はどこかを指差してる
そこから 何か見えたのだろう

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

後ろ向きの秋風に僕はついて行くだけ
こぼれ落ちた枯れ葉の
道を歩いて行くだけ

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

見つめる水平線
やがて消える太陽
あの日見たあの夢は
今の僕では遅すぎる


ミニ情報
アルバム「海風は時を越えて」収録曲
平川地一丁目の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏の終わりの蜃気楼/平川地一丁目の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ