髑髏 - 豚乙女の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

髑髏  ♪  豚乙女
作詞 : コンプ
作曲 : コンプ

触れて濡れて捩れた脳 火照る肌は桜
春も夏も昼も夜も揺れた紙芝居
惚れて腫れて夢心地 醒めた口は芥
無粋、クスリいりません 鎖国恋しばり

求め求め求め られてられて乙女
染めて染められたら一片
ふわふわふわふわり くらくらくらくらり
骨の髄まで

ぱっと咲かせ色を飾るなら
来やしゃんせ 通りゃんせ
命の三つ四つあげちゃうわ
ぱっと散らせ土に還るなら
貴方の根の元へ
一人ぼっちより髑髏

暮れて摩れて拗れた脳 仮有に濡れた枕
秋も冬も朝も夕も消えた紙芝居
生まれもった性憎し なぞる道は業
つけるクスリありません 良薬口苦し

揉んで揉んで揉んで こねてこねて乙女
潰し潰されたら一片
ほろほろほろほろり どろどろどろどろり
骨の髄まで

ぱっと咲かせ色を飾るなら
駆り立てて毘沙門天
命が三つ四つ足りないや
ぱっと散らせ土に還るなら
貴方の手を握り
二つ並べた髑髏

分かんないよ 難しすぎる
分かってても 1+1=2にならない
いつも一人

ぱっと咲いた花は脆いから
折れぬ様に撫でる様に
しばらくそっとギュッと抱きしめて
ぱっと咲かせ色を飾るなら
来やしゃんせ 通りゃんせ
命の三つ四つあげちゃうわ
ぱっと散らせ土に還るなら
貴方の根の元へ
一人ぼっちより髑髏


ミニ情報
アルバム「フルボッコ」収録曲
豚乙女の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
髑髏/豚乙女の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ