白線 - 豚乙女の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

白線  ♪  豚乙女
作詞 : コンプ
作曲 : コンプ

誰もが見上げたくなる様な青空の下
白線からはみでないように よろめき歩く
たまに吹く風が頬を撫で やけに優しく
そんなつもりはなかったのに何故か泣いてた

強く生きて欲しい 健やかに
そんな想いを背に裏切った気がしてた
悔しいよ

誰かが笑う声してた あの場所は少し楽し気で
窓から差し込む光が惨めな僕を照らしていた

真っ白な靴は思うより早く汚れて
「もしかしたら」なんて気持ちもどこかへ消えた
驚くほどいつもと同じ空気の中で
きっと自分が悪いのだと そう思った

何処か違う場所へ行けたなら
そんな空想描き 汚れた靴を見てた
虚しいよ

千切れたノートと一緒に僕の居場所も千切れていた
窓から差し込む光が踏まれたノート照らしていた

「きっと今だけだよ」と言い聞かせてみても
ずっと続く様な気もする
毎日をただ 毎日をただ生く

何かを欲しいわけじゃない何もかも普通でいいのに
誰かが笑う声してた あの場所は少し楽し気で
窓から差し込む光が惨めな僕を照らしていた


ミニ情報
アルバム「フルボッコ」収録曲
豚乙女の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
白線/豚乙女の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ