一角獣 吉澤嘉代子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

一角獣  ♪  吉澤嘉代子
作詞 : 吉澤嘉代子
作曲 : 吉澤嘉代子

夜の橋を渡ると 風に交ざり聞こえる
かたちの見えない一角獣 わたしの代わりに鳴いてる

どうやって言葉にしたらいいのかわかんないよ
一日中かんがえても
誰かに会いたいのにそれが誰だかわかんないよ
あなたじゃないのは確かなはずだけど

読みかけの本があるうちは守られている気がしていた
知らない国の主人公 何度も姿を変えてゆく

どうやって言葉にしたらいいのかわかんないよ
一日中かんがえても
誰かに会いたいのにそれが誰だかわかんないよ
あなたじゃないのは確かなはずだけど

花のかんむりを紡ぎ夏を待っていた
幼きわたしにお別れのキスして

あなたが見せてくれた 夜明けの夢は
わたしの心の いちばん綺麗な場所
一角獣 鳴いたら 迎えにきてよ
ゆめの中 ひとりぼっちのわたしは
ずっとあなたに会いたい


ミニ情報
アルバム「屋根裏獣」収録曲
吉澤嘉代子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
吉澤嘉代子「一角獣」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ