屋根裏 吉澤嘉代子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

屋根裏  ♪  吉澤嘉代子
作詞 : 吉澤嘉代子
作曲 : 吉澤嘉代子

私の背丈がとまった冬の日
土産の焼酎たずさえて貴方が帰ってきた

すこし伸びた髭を無作法に撫ぜると
大きくなったねと懐かしく笑った

昔みたいにお部屋に行ってもいいと
なぜか訊けない
ふくらんだ胸が寂しいよ

やねやね屋根裏の住人
またどこかへ旅に出るのでしょう
やれやれ困ったものだよ
そんなに待っていられないからね

叔父さまの御友人の奥様の御兄弟の
曾御祖父さまの孫の貴方ともし

めぐりめぐった末の非情な因果で
血が繋がっていたらどうしよう なんてね

旅路の果て 荒野の一角で
いちどでもいい
思い出してくれたことある

やせやせ痩せっぽっちだなんて
そんなに甘くみないでよね
やさやさ優しくないのね
お嫁にいっても知らないからね

やねやね屋根裏の住人
またどこかへ旅に出るのでしょう
やれやれ困ったものだよ
私すぐに大人になるからね


ミニ情報
アルバム「屋根裏獣」収録曲
吉澤嘉代子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
吉澤嘉代子「屋根裏」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ