女の花舞台 - 石原詢子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

女の花舞台-石原詢子
Jword 石原詢子
公式サイト
女の花舞台  ♪  石原詢子
作詞 : さくらちさと
作曲 : 四方章人

涙拭(ふ)くたび 艶(つや)が増す
女という名の 人生は
泣いて笑って 笑って耐えて
今はかじかむ 蕾(つぼみ)でも
明日(あす)に咲かせる 花舞台

たった一人に 惚れぬいて
命もかけます やきもする
好(す)いて焦(こ)がれて 焦がれてじれて
恋もいつしか ちりぬるを
ほろり吐息の 花ひとつ

しだれ桜に 八重桜
山また山には 山桜
風が吹こうが 嵐が来(こ)よが
夢があるから また咲くさ
明日(あす)に旅立つ 花舞台


石原詢子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
春航路
港ひとり
おんな雨
さよなら酒
よりそい草
しあわせの花
逢いたい、今すぐあなたに…。
ひとり日本海
風よ吹け
寿 契り酒
女の花舞台/石原詢子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ