石原詢子「女の花舞台」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 石原詢子 > 女の花舞台 歌詞

女の花舞台 / 石原詢子
Amazonで見る

「女の花舞台」歌詞

歌手:石原詢子
作詞:さくらちさと
作曲:四方章人

涙拭(ふ)くたび 艶(つや)が増す
女という名の 人生は
泣いて笑って 笑って耐えて
今はかじかむ 蕾(つぼみ)でも
明日(あす)に咲かせる 花舞台
 
たった一人に 惚れぬいて
命もかけます やきもする
好(す)いて焦(こ)がれて 焦がれてじれて
恋もいつしか ちりぬるを
ほろり吐息の 花ひとつ
 
しだれ桜に 八重桜
山また山には 山桜
風が吹こうが 嵐が来(こ)よが
夢があるから また咲くさ
明日(あす)に旅立つ 花舞台

石原詢子の人気ランキング

石原詢子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.