十三夜月 - 美川憲一の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

十三夜月-美川憲一
Jword 美川憲一
公式サイト

十三夜月

 ♪ 

美川憲一

作詞 : かず翼
作曲 : 三木たかし

女は誰でも 胸の中
忘れぬ 人がいる
窓辺にさしこむ 月影に
なおさら 恋しさつのる
淋しさが肩を抱く 独りの止まり木で
飲むほど未練が グラスに揺れる
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月(じゅうさんや)

焦がれる女の やわ肌を
その手で 抱きしめて
逢いたさ暴れる こんな夜は
帯さえ はじけてしまう
くれなゐの月の船 あの人連れて来て
宿命(さだめ)にそむけば 罪なのですか
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月

女は誰でも 菩薩だよ
どれほど 泣いたって
恨んだ男の いいところ
数えて 許してしまう
痛いほど指を噛み この身は燃え上がる
こぼれたお酒で 占う明日
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月


美川憲一の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
宇奈月の夜
夜の川
雨がつれ去った恋
今夜は華になる
たまらなく淋しくて
明日への橋
純子の涙
愛は嫉妬
淡雪のひと
古都情念
十三夜月/美川憲一の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ