美川憲一「十三夜月」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 美川憲一 > 十三夜月 歌詞

美川憲一「十三夜月」のCDジャケット
Amazonで見る

十三夜月

歌手:

美川憲一


作詞:かず翼
作曲:三木たかし

女は誰でも 胸の中
忘れぬ 人がいる
窓辺にさしこむ 月影に
なおさら 恋しさつのる
淋しさが肩を抱く 独りの止まり木で
飲むほど未練が グラスに揺れる
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月(じゅうさんや)
 
焦がれる女の やわ肌を
その手で 抱きしめて
逢いたさ暴れる こんな夜は
帯さえ はじけてしまう
くれなゐの月の船 あの人連れて来て
宿命(さだめ)にそむけば 罪なのですか
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月
 
女は誰でも 菩薩だよ
どれほど 泣いたって
恨んだ男の いいところ
数えて 許してしまう
痛いほど指を噛み この身は燃え上がる
こぼれたお酒で 占う明日
見上げる夜空に 面影重ねる
十三夜月

美川憲一の人気ランキング

美川憲一の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

Catch the Moment / LiSA
千本桜 / THE HOOPERS
No way!! / Uru
女神 / 井上陽水
フェアリーテイル / 三月のパンタシア
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.