美川憲一「古都情念」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 美川憲一 > 古都情念 歌詞

「古都情念」歌詞

歌手:美川憲一
作詞:高畠じゅん子
作曲:中川博之

情念が めらめら燃える 大文字
五山の送り火 見ています
胸から揚げ羽の 蝶が舞う
私(うち)は このまま 死んでも
あなたと 切れません
たとえ世間に 背いてまでも
紅ははんなり 今宵 修羅の道

篝火が 命をけずる 薪能
平安神宮 笛が泣く
添いたいきもちに 打つ楔(くさび)
私(うち)は からだの 芯まで
あなたの 女です
月に大鼓(おおかわ) 響けよ届け
今夜抱かれりゃ 溶けて 闇の中

火祭りに 心を焦がす 鞍馬山
恋路をはばむか 九十九折り
逢いたくなったら 夢で逢え
私(うち)は さみしさ 殺して
あなたに 捧げます
骨のずいまで 火の海となり
浴びた焔(ほむら)が 肌に 刺さります


美川憲一の歌詞ランキング

美川憲一の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(4:56更新)

1 EVEN IF I'M ALONESHAKALABBITS
2 時の足音コブクロ
3 ストーリースガシカオ
4 Virgin Snow 〜初心〜Flower
5 ちゃんと〜mother's blues〜クリス・ハート
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.