淡雪のひと 美川憲一 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

美川憲一
公式サイト
淡雪のひと  ♪  美川憲一
作詞 : 水木れいじ
作曲 : 水森英夫

わかれ旅なら これきりならば
抱いてやりたい おもいきり
あの日夜桜 浮かべた川に
今日は名残りの 雪が舞う
お酒に酔って はしゃいだあとの
口紅(べに)がせつない 淡雪のひと

風の音にも 目覚めてすがる
罪はおまえに ないものを
眠れないまま 身をよせあえば
こころ乱れる 夜明け前
半年早く 出逢っていたら
それもみれんな 淡雪のひと

ひとりこれから どうして生きる
聞けば蛇の目傘(じゃのめ)で かくす頬
次の世で逢う 目じるしなのか
そんな気がする 襟ぼくろ
意地でも泣きは しませんからと
言って泣かせた 淡雪のひと


美川憲一「淡雪のひと」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
美川憲一の人気曲 この歌手の人気曲一覧

愛の讃歌♪空がくずれ落ちて 大地がこわれても
射手座の女♪わたしはあなたがすき
さそり座の女♪いいえ私は さそり座の女
たまらなく淋しくて♪たまらなく 淋しくて 独りネオンの海
春待ち坂♪夢につまずき 転んでも
納沙布みれん♪あいつひとりが 男じゃないと
愛は嫉妬♪あんな女の どこがいいのよ
十三夜月♪女は誰でも 胸の中 忘れぬ
愛は煌めいて♪思えば若いから なんでも出来たのね
淡雪のひと♪わかれ旅なら これきりならば

美川憲一の新曲 この歌手の新曲一覧

春待ち坂♪夢につまずき 転んでも
射手座の女♪わたしはあなたがすき
十三夜月♪女は誰でも 胸の中 忘れぬ
宇奈月の夜♪好きで別れた あの人と
夜の川♪水に映った 青い灯は 揺れて哀しい
雨がつれ去った恋♪ガラス窓 雨粒が つなぎあい
今夜は華になる♪今日もいつもの仕事をこなし
たまらなく淋しくて♪たまらなく 淋しくて 独りネオンの海
明日への橋♪聞こえてくるわ あの時代(ころ)の歌が
純子の涙♪爪をかむのが くせなのか

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ