森昌子「みぞれ酒」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 森昌子 > みぞれ酒

みぞれ酒

歌手:森昌子
作詞:田久保真見
作曲:岡千秋

女にだって ひとりきり
酔って泣きたい 夜があります
あなたに あなたに逢いたすぎて
どうしていいか わからない
心の寒さに 飲み干すお酒
凍りつきます みぞれ酒

夜空に浮かぶ 三日月を
胸に突き刺し 死ねるならば
あなたを あなたを憎まないで
このまま愛を 貫ける
素肌の熱さに 抱かれたあの夜(よ)
溶けてゆきます みぞれ酒

ふたりの小指 結ぶのは
蜘蛛(くも)の糸だと 知っていながら
あなたを あなたを愛しすぎて
どうしていいか わからない
さだめの寒さに 流れる涙
凍りつきます みぞれ酒

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森昌子の人気歌詞

森昌子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.