夢待ち港 歌詞 / 伍代夏子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 夢待ち港 歌詞
伍代夏子「夢待ち港」のジャケット画像

夢待ち港

 

伍代夏子

作詞:

喜多條忠


作曲:

船村徹

歌詞
汽笛がひとつ 鳴るたびに
お酒注(つ)ぎ足す 雪が降る
いい人だったね 今度の人は
それでもどこかへ 消えちゃった
北の酒場は 夢待ち港

問い刺し網に 問うてみりゃ
馬鹿にばっかり 惚れてるね
度胸に惚れたり 見掛けに惚れて
小魚みたいに 捨てられて
凍る漁火 夢待ち港

おんなのひとり 幸せに
出来ぬ男が 情けない
荒波ばかりが 勝負じゃないよ
おんなのまごころ 仕留めておくれ
きっと来る春 夢待ち港

公開日 : 2017-01-26
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

伍代夏子の人気ランキング

この歌手の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索 iTunes

関連歌詞

古都の雪
浅田あつこ

雪は、バラードのように…
チェウニ

HATE YOU
2NE1


松原健之

も〜ど〜にでもして〜
ぴちょんくん

白い約束
山口百恵

クリスマス巴里
日高のりこ(エリカ・フォンティーヌ)・小桜エツ子(コクリコ)・鷹森淑乃(北大路花火)

(L)ONLY
reGretGirl

恋人失格 (feat.米倉利紀)
MISIA

雪割り酒
羽山みずき

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.