清春「海岸線」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 清春 > 海岸線

海岸線 / 清春

「海岸線」歌詞

歌手:清春
作詞:清春
作曲:清春


君は見た 急に僕が首を縦に振った
雨の音 そうさきっと二度と聞こえないね
古い景色の写真 夢はもう見ない その姿は無様だった

何処かに安らぐ場所があればいいのに
凍える海岸線を見ている僕が
なくした心の鍵を拾えるように
明かりを照らしてくれる奇跡のような 君は

僕が居た 砂の城よ 脆く崩れ去って
振り返る 必要なんて初めから無いね
遠い未来の事で 君は時折 僕の手のひら触れている

何処かに隠れる場所があればいいのに 凍える海岸線に映って見えた
震える僕の心を暖めるのに 辺りを照らしてくれた 溢れるようさ 明日
明かりは消えてくよ

Do you remember? Do you remember?
Do you remember? Do you remember?
Do you remember? Do you remember?
Do you remember? Do you remember?

古い洋服の写真「夢はまだあるさ 記憶の奥に」その姿は無様だった

何処かに安らぐ場所があればいいのに 凍える海岸線を見ている僕が
なくした心の鍵を拾えるように 明かりを照らしてくれる奇跡のような
何処かに隠れる場所があればいいのに 凍える海岸線に映って見えた 君の

明かりが消えてゆくよ 明かりが消えてゆくよ
明かりが消えてゆくよ 明かりが消えてゆくよ


アルバム「SOLOIST」収録曲


清春の歌詞ランキング

清春の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.