森一馬「目をとじれば」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 森一馬 > 目をとじれば

森一馬「目をとじれば」のジャケット画像

目をとじれば

歌手:森一馬
作詞:Ryuta Sakamoto
作曲:Ryuta Sakamoto


空に架かる雲見つめ 君が口ずさんでた曲
サビのメロディーが今も 思い出せなくて

すれ違ってく二人は 言葉を凶器にかえたよ
部屋の片隅にそっと 君が残した 涙の跡

大事なもの忘れたのは 君じゃなくて僕だったよ

目を とじれば 浮かぶ君の横顔
想い 願い 叫んだって
決して二度と 振り向く事 無いままに

プライドという名の偽物で ちっぽけな自分守っていた
ダメな僕よりもずっと 傷ついてたのは 君だった

涙の距離は近くなっていく このまま二人戻れない

目を覚ませば そこにキミはもういない
どれだけ 時が 過ぎても
色褪せない キミへの想い溢れてゆく

この暗闇からのがれられない 僕の叫び声は 届くのかキミに Ah ah

夜が明けて 雨が街を濡らした

目を とじれば 浮かぶ君の横顔
想い 願い 叫んだって
もうそこには キミはいない

目を とじれば

アルバム「Way」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森一馬の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.