flumpool「とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > flumpool > とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜 歌詞

flumpool「とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜」のCDジャケット

とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜

歌手:

flumpool


作詞:山村隆太
作曲:阪井一生

木漏れ日降り注ぐ 窓際にもたれ
繰り返す日常(ひび)を ただ読み返していた
上手くいかない事 やり残した事
懸命に生きてきた事

古びた歌だって 口笛なら吹けるさ
薄らぐ夢だって 指でなぞれるさ
この場所でもう一度、ここからもう一度
描きたい物語(ストーリー)

(Make it be by yourself)
錆び付いていた 時計の針が
(Yes, Make it be by myself)
少しずつ動き出した

伝えたくて あの日君に交わした約束
ときめく鼓動を 抑えきれず
「好きなものを 好きでいられる」この空間は
大人になるより 無邪気でいたい
願い込めて

喜びの種が咲かす 花の名も
哀しみが流れる 川の行く先も
幸せがあれば 寂しくなければ
どうでもいい事なんだろう

(Make it be by yourself)
待ち侘びていた 春の陽射しが
(Yes, Make it be by myself)
見慣れた景色を彩る

今ここで 見つけた言葉が時空を超えて
愛した記憶の 鍵をあける
「好きな女性(ひと)を 好きでいられる」この瞬間は
格好つけるより 素直でいたい
願い込めて

目を閉じて 想い馳せる時が「夢」の始まりで
目を凝らし 歩き出した時が「旅」の始まりさ
恐がらなくてもいい

いつの日か 年老いた僕に残せるものは
この本のページ 走り書きの日々

「好きなものを 好きでいられる」この人生は
孤独でいるより 力になろう
君のために
願い込めて

アルバム「EGG」収録曲


「とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

flumpoolの人気歌詞

1 とうとい君に何から伝えるべきだろう?
2 ほうれん草のソテーひと口くらいで すぐ赤くなるとこ
3 To be continued...最初から絶対ゆけるってわかっている
4 Over the rain 〜ひかりの橋〜冷たい雨が頬を濡らしても
5 ディスタンスねぇ 「大丈夫」なんて ほらまた 遠ざけないで
6 フリーズ昨日気にしていたのは 誰かの視線より
7 大丈夫君と片方ずつのイヤホン わけあってさ
8 ディスカス30℃のアクリルの中 ブルーのネオンが輝く
9 不透明人間暗い部屋で一人 指でなぞったスクリーン 作り物の光
10 初めて愛をくれた人いつからだろう? 「子供じゃない」なんてさ
flumpoolの楽曲一覧を見る▶
このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索
♪愛メロ♪ちゃんねる
[YouTube] [stand.fm]

関連人気情報

紅 / 湘南乃風

湘南乃風

♪いつか天をめがけ昇る 金色の龍
Slow & Easy / 平井大
Slow & Easy
平井大

♪Oh my 心地いい風と ほら Sunshi
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.