藍坊主「春の覚書」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 藍坊主 > 春の覚書 歌詞

春の覚書 / 藍坊主
Amazonで見る

「春の覚書」歌詞

歌手:藍坊主
作詞:佐々木健太
作曲:佐々木健太

境界線の向こう 鳥の涙が 生きとし生けるもの全てに とけ込んだ
海岸線は今日も 泡にまみれて そう バクテリアの夜に

注ぎ込んだ春風が きっとすべてを戻すでしょう
注ぎ込まれたその春は いつか私を作るでしょう

完成品になった人工知能が現れたら 僕は僕は何を たずねよう

空の色 春のさえずり 時計の針の向き 憎しみと愛しさの間 膨らんだこの鼓動

発狂してる ゆれるゆれる肩を 配送しろよ ゆれるゆれる空へ
変装してる 固い固い水に 賛成してる おれはおれは馬鹿だ

注ぎ込んだ春風が きっとすべてを戻すでしょう
注ぎ込まれたその春は いつか私を作るでしょう


アルバム「ココーノ」収録曲


藍坊主の人気ランキング

藍坊主の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.