オレンジテトラポット 歌詞 / 藍坊主

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 藍坊主 > オレンジテトラポット

藍坊主「オレンジテトラポット」のジャケット画像

オレンジテトラポット

歌手:藍坊主
作詞:佐々木健太
作曲:藤森真一

僕らはどこにいるんだろう、
あなたはどこにいるんだろう、
あなたをあなたにしてるもの、
それは一体なんだろう。

チョコレートを見てる両目や、
温もりを伝える両手や、
潮風を感じる鼻先、
日の光に透ける髪の毛、

きれいに磨かれた爪先、
愛しさに波打つ心臓、
不思議を考えている脳、
そのすべてを作る細胞。

それは一瞬で壊れては、
増えてすぐに入れ替わってく、
君がただの物質ならば、
とっくに君はここにはいない。

その笑顔、
その涙、
どこからくるのだろう?

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
形無きあなたの存在を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
僕らが生きてる奇跡を。
あなたの姿を越えたとこに、
あなたがいるということを。

宇宙は広大無辺です。
さっぱりとよくわかりません。
それとおんなじくらいに、
心の端もよくわからない。

真っ暗なようで輝いて、
触れてるようで離れている。
だから僕らは細胞を越え、
触れ合えるのかもしれません。

あの橙橙色、空の橙橙色、
忘れないで。
あの橙橙色、海のダイダイダイダイ色、
忘れないよ。

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
日が暮れてく感触を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
見えなくなってしまう前に。
寄せては返す波の色に僕らは、
形だけを見てるわけじゃないだろ。

いつだって何度も何度も確かめ合おう、
ただ抱き合う温もりを。
橙色に染まってゆく、体を伝い滲んでゆく、
消えそうになる感触を。
そうやって何度も何度も確かめたいよ、
僕らが生きていたことを。
橙色が眩しいね、
それはなぜ?
僕らが生きているからさ。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、生きて、あなたを。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、越えて、細胞を。


アルバム「ミズカネ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

藍坊主の人気歌詞

1 宇宙を燃やせ愛想笑いが うまくなったな 相当
2 タイムバッファロウタイムバッファロウ。。地球を眺
3 ウズラ僕は空が飛べないよ そしてとて
4 何もない空からね 唄っていたい
5 スプーンなにげない ぬくもり 感じるよ
6 桜の足あとたんたん、と、刻んだ、あなたへ
7 ハローグッバイヨーグルトのカップに赤とんぼが
8 コイントスフラフープの輪が棒に変わる、90
9 シータムン飢路坐猪「我意和胃栗」、艶裸女
10 空を作りたくなかったエリゴザール、スピューラミー、
藍坊主の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.