山崎まさよし「道」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 山崎まさよし > 道

山崎まさよし「道」のジャケット画像

歌手:山崎まさよし
作詞:山崎将義
作曲:山崎将義


わずかな望みを残した遥かな道を

小さな灯火を抱いてさまよう影よ
巡る空の下では 生まれくるあまたの命が問いかけてる
ひたむきに生きる意味を
黄金色の風の中を 駆け抜けたその先に
僕たちは何を見るのだろうと

かすかな願いを紡ぐように旅鳥が舞う
雪解けのせせらぎが やがてくる本当の夜明けを告げている
優しさに包まれてく 柔らかい日差し浴びて
戯れたその場所が
僕たちの生きた証になると

花の季節が過ぎても
この道は続いてゆく
赤く燃える落日に 染まりながらいつの日か
僕たちがまた巡り会うために

映画「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」主題歌
アルバム「FLOWERS」収録曲


「道」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

山崎まさよしの人気歌詞

山崎まさよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」関連情報

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.