山崎まさよし「僕と不良と校庭で」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 山崎まさよし > 僕と不良と校庭で 歌詞

「僕と不良と校庭で」歌詞

歌手:山崎まさよし
作詞:YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲:YAMAZAKI MASAYOSHI


突然の君の便りは
懐かしい不器用な文字と
どこか遠い国の空の絵葉書
あの頃やがて僕らも
大人になると思ってたけど
はっきりとした未来は描けずに過ごしていた
校舎の上に広がる5時眼目の空
退屈な世界史より
風に揺れてる窓の外ずっと見てた
 
そして人並みに恋もして
月並みな悲しみも知ったけど
まだ僕は過ぎてゆく日々に迷い残してる
手にしたものは
いくつか色樋(あ)せてたけど
おぼつかない指先で憶(おぼ)えた唄は
今もまだ歌ってる
 
いつかの夕闇迫るあの校庭から
僕らの細い影はどこまでも伸びてった
 
突然の君の便りに
短い返事を出すことにした
今僕が歩いてる街の写真を添えて
確かなことは今もまだ見えないけれど
これから何処(どこ)に
向かうのかわからないけど
息を切らし走り抜けたあの校庭に
新しい風が吹く

日本テレコム「超える」キャンペーンCM曲


山崎まさよしの人気ランキング

山崎まさよしの歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.