百年の蝉 歌詞 / 北島三郎

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 北島三郎 > 百年の蝉

北島三郎「百年の蝉」のジャケット画像

百年の蝉

歌手:北島三郎
作詞:田久保真見
作曲:原譲二

季節はずれの 一本杉で
命を終える 蝉を見た
我慢七年 土ん中
お天道様に 逢うまでの
長い苦労を 背負ってないた
一途な姿 胸を打つ

諸行無常と 晩夏の風が
つぶやくように 吹きぬける
落ちてころがる 空蝉(うつせみ)の
やるだけやった 潔(いさぎよ)さ
悔いも迷いも 小さなことと
遙かな空に 諭(さと)される

人の一生 百年ならば
百年叫ぶ 蝉になれ
明日死ぬ気で 生きたなら
今日の重さが 変わるだろ
時の流れに 踏ん張りながら
不動の心 抱いてゆく


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

北島三郎の人気ランキング

1 幸せ古希祝俺とお前で 支え合いながら 越え
2 灯台あかり故郷(ふるさと)へ 帰りたい 海の
3 月夜酒酒は辛口 冷酒(ひやざけ)で 肴(
4 ここでいいなら 頂上だけど 先を
5 友情よ灯(あか)りも遠い 貧(まず)しい
6 大河己(おの)れをすてて 私欲もすて
7 風の坂道ころげておちて 逃げるやつ はい
8 まつり男は祭りを そうさ かついで 生
9 風雪ながれ旅破れ単衣(ひとえ)に 三味線だけ
10 男の明日に咲くも散らすも 出たとこ勝負 遣
北島三郎の人気一覧を見る▶

関連動画


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.