パスピエ「名前のない鳥」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > パスピエ > 名前のない鳥 歌詞

名前のない鳥 / パスピエ
Amazonで見る

「名前のない鳥」歌詞

歌手:パスピエ
作詞:大胡田なつき
作曲:成田ハネダ


環状線 三分間隔のベルに息も詰まるだろう
整然と並ぶ吊革は澄ました横顔
 
大衆性 最新の意味は何、と問いかけてみたんだ
巧妙に調整された見てくれに騙されている 誰も知らない
 
名前のない鳥は今日も飛べずに
いつしか記号に変わってしまったの
「配置こそが美徳」なんて
まことしやかに誰かが言うけど
ツバメの子のように口を開いて
待っているだけではいられないんだわ
 
秒針の隙間で移りゆく景色を見ていたいな
一瞬を切り取って
延々と輝くアスファルト 道は何処へやら
共通の特徴を探すことが正しいのかは誰も知らない
 
名前のない鳥は今日も飛べずに
いつしか記号に変わってしまったの
「ポーズそれが魅力」なんて
街に溢れる流行の色は まばたきの間に変わってしまうから
わたしには到底似合わないんだわ
 
思い出しか語れない その口は閉じてしまえ
喧騒も時代もムードも かわして飛び立つんだわ
 
たとえばわたしが地図から消えても
見上げた青空が涙になっても
なくした名前を探しにゆくから
ここにいるよと歌っているから
 
名前のない鳥は今日も飛べずに
いつしか記号に変わってしまったの
「配置こそが美徳」なんて
まことしやかに誰かが言うけど
ツバメの子のように口を開いて
待っているだけでは嫌!いてもたってもいられないんだわ

アルバム「演出家出演」収録曲


パスピエの人気ランキング

パスピエの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.