Droog「Neon Sign」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > Droog > Neon Sign 歌詞

Droog「Neon Sign」の歌詞を収録したCDジャケット画像

Neon Sign

歌手:Droog
作詞:カタヤマヒロキ
作曲:荒金祐太朗・カタヤマヒロキ


ざわつく街の
ビルを抜けたら
ネオンを映し出す 鮮やかな海
次の街 もう少し

午前2時30分
覚えているかい?
何度も 何度も走った
十号線 もう少し

急に視界 ロマンチック
あの好きな歌のワンシーン
ネオンサイン やけに眩しくて

笑うしかない現実や
意地悪な夢の世界を
ひっくるめて ぶっ飛んでいたい

カーステレオの
ボリュームを上げて
二人の好きな歌 かわるがわる
流して聴いたっけ

急に視界 ロマンチック
あの好きな歌のワンシーン
ネオンサイン やけに眩しくて

ただぶっ飛んでいたいだけ
空を飛んでいたいだけ
地に足付けて 地球ごと飛んだら

それ見てアイツ「くだらねえ」って
あの夜みたいに笑ってくれるかな

今はまだ眠りたくない
あと少しこのままでいたい
この夢が 寝たら覚めそうで

笑うしかない現実や
意地悪な夢の世界を
ひっくるめて ぶっ飛んでいたい

アルバム「ぶっとびぱなし」収録曲


「Neon Sign」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Droogの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.