4月某日 歌詞 / 真空ホロウ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 真空ホロウ > 4月某日

真空ホロウ「4月某日」のジャケット画像

4月某日

歌手:真空ホロウ
作詞:松本明人
作曲:真空ホロウ

僕はこの手で罪を犯して
君ははじめて僕を抱いた
温もりのその先で霞んでく笑顔

酸素が抜けた心
“もう君はこの世にいない”

春一番が街を吹き抜けた
あの日の夕暮れに僕を連れ去った
心にもない泪が流れて
気が付けばこの木の下

“僕の汚れた手で何が出来るの?”
君の冷たい手を握って
忘れられぬ温もり 舞い散る桜
吹き止まない風

心にもない泪は溢れて
いくら拭いても拭いきれなくて
汚れた泪も流れ流れて
“つぎの泪は奇麗だといいな”

淡い光 透明の水 土の匂い
いつだって此処に来れば君が包み込んでくれる気がした

ある日の僕と君が歩く街
あの日の桜の木の下に立って
君への想いは此処に流し切って
僕はひとり歩き出す

春一番が 心 吹き抜けた
あの日の夕暮れを呼び覚ますように
君との泪はもう乾ききった
僕はひとり歩き出すんだ


アルバム「少年A」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

真空ホロウの人気歌詞

1 Highway My way真夜中 暗闇の中を走り出すハイ
2 眩暈巨大な歯車 めくるめく速さで重
3 新世界より君しか知らない僕の事 僕しか知
4 週末スクランブル余計な事は考えても無駄 到底は
5 The Small worldいつかは消えると思ってた記憶さ
6 アナフィラキシーショック君の顔が頭の中をぐるぐる廻って
7 思春の生贄蒔いた 咲いた 欠いた 毎回 空い
8 娼年A愛してしまいそうな 硝子越しの
9 4月某日僕はこの手で罪を犯して 君はは
10 Balance cont(r)ol空白な時間は あの日の僕のせい
真空ホロウの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.