RAM WIRE「わたしあうもの」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > RAM WIRE > わたしあうもの

RAM WIRE「わたしあうもの」のジャケット画像

わたしあうもの

歌手:RAM WIRE
作詞:ユーズ・Monch
作曲:ユーズ・Monch・RYLL・couco

飽き足りない欲しがりでごめんね
だけどね その目と目 手と手合わせるたび
心の中を手掴かみされたように揺さぶられること
それは紛れもない事実で
不安さえ引き連れてはくるけどもう迷わない
あなたの肩越しで未来を見たい
ふざけあって笑う間も
この芽生えた想いは根を張る 続く道を見てる

限りある時間は儚くて
何があってもおかしくはなくて 不意に怖くなる
だから今は出来るだけ渡したいよ
くすぐったいと笑うけれど 言葉をあつめて

ずっと隣で歩いていいかな
独りでは迷うから 明日を渡していいなら
あなたのも貰うから 意味を貰うから

やんわり流れてく風のように
二人大空はばたくように 新たな道切り開く
これから共に歩みだす
まだ見ぬ果てしない未来に期待寄せ
結ばれし二人交わす固い誓い
いつまでもきみとずっと
こうしていられること願うよ
共に笑い共に泣き
喜び悲しみすべてわかちあい そうさ
歩んだ後には花が咲く
その笑顔見るたびあどけない
そんなはしゃぐきみ子供のように
夢中になれてたあの日のように
ラララ ラララ口ずさんで行こう 追い風吹く方へ

光と闇をたゆたって 時にはわからなくなって
見失いそうになる 危うさが纏っても
何度でも気付き続けられるように
ひたむきでありたい

そして探していた今繋ぐ手は
この確信をまだ知らない
未来を望んでいいかな あなたももしそうなら
意味を渡すから

隣で歩いていいかな 独りでは迷うから
明日を渡していいなら あなたのも貰うから
意味を貰うから

探してた今繋ぐ手は この確信をまだ知らない
未来を望んでいいかな あなたももしそうなら
意味を渡すから

手をとって 手をとって すべてを見せあって
なだめて 甘えあって 最後と信じあって
慣れあって ぶつかって 時に傷つけあっても
わかってる 願う場所へと歌は届く

アルバム「ほどく」収録曲


「わたしあうもの」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

RAM WIREの人気歌詞

RAM WIREの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.