RAM WIRE「Stand Alone」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > RAM WIRE > Stand Alone

RAM WIRE「Stand Alone」のジャケット画像

Stand Alone

歌手:RAM WIRE
作詞:ユーズ・Monch
作曲:ユーズ・Monch・RYLL

全部忘れたような顔して
忙しい日々に預けてた
不意に景色が重なった時
不覚にもその糸は切れた

緩い坂道 低く這う雲
そのあいだ 気丈な花が
迷いも見せず散り際に頷く

街灯が灯り 是以上どうにもならないかのような孤独が襲った
知ってたんだね
なんでもないような日々が実は脆いことを

目眩がするほどに舞う無数の
ひとひら両手ですくおうとしたのに
薄桃色のより先に
そこに零れおちたもの

通い慣れた駅までの道のり
見慣れた景色に重い足どり
不意にのしかかるような感覚
雑踏の中君を探索
It's over 二人の距離は
気付いた頃にはどうしようもないくらい離れて
But 諦めつかずに嘆いたDay after Day
強がりばかり見せる態度で対応
遮るちっぽけなプライド
その内容もYesやNoじゃ割り切れないよ
そこにあった居場所 失った代償
I know it 何もないと二人の最後
告げるように散っていく花びら

臆面もなく弱さを晒すのも
あなたの強さだったのかもしれない
色や匂い、場所、咲き方を迷わずにありのままで

淡雪みたいに今降りしきる
道を花びらが埋め尽くしてくから
遥かな懐かしい場所へ
唇を動かすだけの
音にならないさよなら

面影に感じとるTendernessと連鎖
頬つたう涙 Two of us
語り合ったChamber
In the place 空いたスペース
埋められない
振り返ればそういつもそばに
あったぬくもりも手に取れない
浮かんでは消えていく想い出
刹那に舞い散るように

目眩がするほどに舞う無数の
ひとひら両手ですくおうとしたのに
薄桃色のより先に
そこに零れおちたもの

淡雪みたいに今降りしきる
道を花びらが埋め尽くしてくから
遥かな懐かしい場所へ
唇を動かすだけの
音にならないさよなら

アルバム「ほどく」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

RAM WIREの人気歌詞

RAM WIREの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.