やなぎなぎ「真実の羽根」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > やなぎなぎ > 真実の羽根

やなぎなぎ「真実の羽根」のジャケット画像

真実の羽根

歌手:やなぎなぎ
作詞:yanaginagi
作曲:bermei.inazawa


目が覚めて伝わる
色艶の無い温度
立ち上がろうとして崩れていく砂の足

海のような群青漂って
終わりまで何も言えなかった
華奢な輪郭を思い出す

遠ざかる心度の距離
ゆっくり満ちる次の記憶の箱
開き続けたならいつか出会えるのだろうか

そんな夢を見続けてる
同じ世界で
同じ時間で
ずっと

まっさらな翼を一欠片手にとって
銀色の上皿へ
変化していくトルク

差し出すのは心臓
薄鈍で どちらにも染まりきれなかった
笑みと涙が混ざった様な

舞い上がる最後の羽根
静かに落ちる
影を残したまま
そうして天秤は二度と傾くことは無く

旅の果てに在るだろうか
憧憬に似た真実の場所が

久遠の先の先まで求め歩いた

揺らめく視界の炎
ふっつり消えて 道を途切れさせた
今は瞼の裏光る点を頼りにして

旅の果てに見つけるだろう
永遠の向こう
真実の羽根を

アニメ「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」挿入歌
アルバム「memorandum」収録曲


「真実の羽根」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

やなぎなぎの人気歌詞

やなぎなぎの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」関連情報

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.