小金沢昇司「俺の夕焼け」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 小金沢昇司 > 俺の夕焼け

小金沢昇司「俺の夕焼け」のジャケット画像

俺の夕焼け

歌手:小金沢昇司
作詞:石森ひろゆき
作曲:大谷明裕

こんなに人が あふれる街で
何が男を 淋しくさせる
切ない程の 正直者か
殴りたいよな 嘘つきか

悲しい時の 男はいつも
飲んで飲まれて はしゃいで歌う
泣きたい程の 臆病者か
笑いたいよな 腰抜けか

人は誰も 旅の途中
夢を追いかけ 生きて来たはずだろう
胸の中に 今も残る
忘れられない 茜雲
ふるさとの夕焼けが
俺を真っ赤に染めた

心の奥に しまったはずの
遠い昔の 自分が見える
失くしたままの 面影なのか
探し続けた 温もりか

人は誰も 旅の途中
夢を追いかけ 生きて来たはずだろう
時は流れ 人の群れに
誰か名前を 呼んだのか
ふるさとの夕焼けが
俺を真っ赤に染めた

人は誰も 旅の途中
夢を追いかけ 生きて来たはずだろう
胸の中に 今も残る
忘れられない 茜雲
ふるさとの夕焼けが
俺を真っ赤に染めた

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

小金沢昇司の人気歌詞

小金沢昇司の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.