その昔 歌詞 / 吉幾三

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 吉幾三 > その昔

吉幾三「その昔」のジャケット画像

その昔

歌手:吉幾三
作詞:喜多條忠
作曲:杉本眞人


その昔 恋をしていた
二年暮らして 女(そいつ)を捨てた
冷凍みかんと甘栗を
無理矢理その手に 握らせて
故郷(いなか)へ帰す 詫びにした
俺のズルさを 咎(とが)めるように
発車のベルが 発車のベルが
鳴り響いてた

その昔 妻と別れた
子供は残して 行けよと言った
二人の子供を 両脇に
川の字になって 眠る夜
初めて俺は 気がついた
俺の勝手と わがままだけが
この子の母を この子の母を
奪い取ったと

その昔 夢を見ていた
たった一度の 人生なんだ
追いつけ追い越せ 負けるなと
団塊世代の 明け暮れに
勝つことばっかり 夢にした
戦(いくさ)終わって 夕陽が落ちりゃ
見交わす友の 見交わす友の
笑顔がつらい

見交わす友の 見交わす友の
笑顔が沁みる


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

吉幾三の人気ランキング

1 俺ら東京さ行ぐだハァ テレビも無エ ラジオも無ェ
2 酒よ涙には幾つもの 想い出がある 心
3 父子じゃないか…男だろう 飲みなよ 泣けるだけ
4 ありがとうを言いたくて出逢いから 別離にと ありがとう
5 かあさんへあなたの背中で… かあさん あな
6 やがて世界が歌いだすやがて世界が歌いだす やがて世
7 NDA![んだ!]夢を抱(いだ)いて東京へ オラが
8 敬愛〜夕陽の向こうに〜夕陽の向こうに 昭和が見える あ
9 NEBUTA of JAPAN祭囃子にヨ 寝るのも忘れて AOMO
10 雪國好きよあなた 今でも 今でも 暦
吉幾三の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.