Alice Nine「闇ニ散ル桜(another version)」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Alice Nine > 闇ニ散ル桜(another version)

Alice Nine「闇ニ散ル桜(another version)」のジャケット画像

闇ニ散ル桜(another version)

歌手:Alice Nine
作詞:Shou
作曲:Alice Nine

桜舞い散る季節に 苦悩から逃げ出した話
嗚呼
声を殺し終わり待つ 誰も僕を見てくれなくて
誰も彼も 否定した、拒絶した。
夢で見た「これから」と 滲んで書けない手紙
闇だけが優しくて 辛くて瞳を瞑ってた

「忘却の螺旋の中で置き去りにされた
揺蕩う揺り籠に揺られ心的外傷を笑う子守唄を聞いた頃
桜の樹は紫の月光に照らされ悲壮感と無情を謳っていました」

辺りの景色に身を潜め 馴染む色は見つからなくて
せめて夜の闇にだけ 隠れて消えてしまおうと
手をかけた
誰も彼も 否定した、拒絶した。
終幕の鐘が鳴る 儚い夢から醒めた
さようなら愛しい人 春風が僕を揺らしてた
桜が啜り泣く頃…。

「闇ニ散ル桜(another version)」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Alice Nineの人気歌詞

Alice Nineの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.