Alice Nine「BLUE FLAME」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Alice Nine > BLUE FLAME 歌詞

BLUE FLAME / Alice Nine
Amazonで見る

「BLUE FLAME」歌詞

歌手:Alice Nine
作詞:Shou
作曲:Saga


傘は差さずにいる
雨音達 踊る ワルツを
肩で 感じていたくて 今 瞳を閉じた
 
冷たくなってしまう程 確かに感じる温度は
胸で燃える 碧い火のようで
 
(not) too late, too late, too late
 
まだ 愛してると言って
ありふれた言葉、届かない 届かない 君の背中
もう 叫んだ願いも 雨に流されて 忘れられぬまま
 
薔薇は散り果てたね
甘い痛み 残す 想い出
「遅い」事はない筈で
また歩き出すから
 
掌に残る香りを 忘れてしまう、その前に
筋書きさえ 書き換えてゆくよ
 
(not) too late, too late, too late
 
また、願えば傷つき 涙は絶えない 解ってる 解ってる 僕の弱さ
でも 君に触れた事 過ごした季節も 無駄にしたくない
 
数えきれないよ 君がくれたもの
記憶の中で せめて そばに 居たい
 
悲しみを消して 愛しさを消して 楽になれるかな 忘れられるかな?
 
(not) too late, too late, too late
 
まだ 愛してると言って
ありふれた言葉、届かない 届かない 君の背中
もう 叫んだ願いも やがて虹になり 光が射すまで

アルバム「“9”」収録曲


Alice Nineの人気ランキング

Alice Nineの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.