GIRL NEXT DOOR「Winter breeze」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > GIRL NEXT DOOR > Winter breeze 歌詞

Winter breeze / GIRL NEXT DOOR
Amazonで見る

「Winter breeze」歌詞

歌手:GIRL NEXT DOOR
作詞:千紗・Kenn Kato
作曲:Daisuke Suzuki


心の風がいま、
キミの場所から吹いてくる
震える肩を抱き寄せるその優しさが
 
シャツを脱ぎ捨て、走り出す背中
なんだかいつもより、大きく思えたよ
陽射し浴びて、水に飛び込んでく
子供みたいだけど、眩しく見えたんだ
 
降り注ぐ太陽、懐かしい潮の香り、夏のいたずら?
名前呼ばれる度、そばに近づく度に、ドキドキした
 
心の風がいま、
季節を越えて吹いてくる
忘れかけてた、
あのときめきをもう一度
真夏の風がいま、
記憶の中を駆け抜けて、
灼けた素肌のせつない痛みよみがえる
誰もいない想い出の海
ふたりきりで連れてって
 
夕暮れ時が早くなるように、
いつの間にかふたり、すれ違い始めた
小さなことでケンカを重ねて、
足りないものばかり求めてしまってた
 
砂浜の絨毯、星がささやく空はどうしてるかな?
膝をかかえてそれを見上げてたふたりに会いにいこう
 
心の風がいま、
キミの場所から吹いてくる
震える肩を抱き寄せるその優しさが
真冬の風をいま、
身体中で感じている
つないだ手から注がれて来るぬくもりを
空と波と君と海風
なにも、なにも変わらない
 
心の風がいま、
季節を越えて吹いてくる
忘れかけてた、
あのときめきをもう一度
真夏の風がいま、
記憶の中を駆け抜けて、
灼けた素肌のせつない痛みよみがえる
誰もいない想い出の海
ふたりきりで連れてって

アルバム「Destination」収録曲
アルバム「girl next door THE LAST 〜ALBUM COLLECTION〜」収録曲


GIRL NEXT DOORの人気ランキング

GIRL NEXT DOORの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.