池田輝郎「湯の町哀歌」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 池田輝郎 > 湯の町哀歌

池田輝郎「湯の町哀歌」のジャケット画像

湯の町哀歌

歌手:池田輝郎
作詞:関口義明
作曲:水森英夫

いで湯銀座の 銀の字が
ひと文字欠けた 灯(ひ)がともる
人のうわさの 細糸を
たぐり寄せれば その先の
きみは湯けむり かくれ花

酒にやつれた 横顔の
白さにつのる いとおしさ
今も住むのか この町に
寝ものがたりの つれづれに
夢が欲しいと 泣いた女(ひと)

橋のたもとで 名を呼べば
山鳥啼(な)いて 闇にとぶ
逢えば別れが 辛いから
ひとり帰ろう 濡れながら
きみの面影 背に捨てて

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

池田輝郎の人気歌詞

池田輝郎の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.