Alice Nine「蜃気楼」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Alice Nine > 蜃気楼

Alice Nine「蜃気楼」のジャケット画像

蜃気楼

歌手:Alice Nine
作詞:将
作曲:Alice Nine

眼差しの果てへ消えた
蜃気楼みたいに
伝えたい言葉 言えずに

線香花火のように儚いものだけれど 僕には確かなもの
想いが強ければ強くなる程に もう 口には出せない

かき消してまた書いて
心をそのまま 見せれたらいいのに

眼差しの果てへ消えた
きみの眼を見ると
解けてく言葉 制御は出来ないみたい
鼓動よりも早く オンビートで刻んでく
きらりと光る瞬間(とき)が かけがえもなく愛おしい

日々が過ぎる中 トレモロかかるように心は揺れて
触れたくて差し出した 中指が弧を描く先へ届け

眼差しの果てへ消えた 蜃気楼みたいに
にじんでく言葉 愛する意味を知らず
かたち有るものから生まれる
かたち無き全ての想い きみへ捧ぐよ

きみが決して消えてしまわぬように
例えそれが
蜃気楼だとしたって
かたち有るものから生まれる
かたち無き全ての想い
きみへ 声が枯れるまで歌おう

アルバム「GEMINI」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Alice Nineの人気歌詞

Alice Nineの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.