水性キャスト 歌詞 / nano.RIPE

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > nano.RIPE > 水性キャスト

nano.RIPE「水性キャスト」のジャケット画像

水性キャスト

歌手:nano.RIPE
作詞:きみコ
作曲:きみコ


明日きみとぼくは離ればなれになる それをぼくはたしかに知っていた
きみが最後にぼくに言うコトバも 多分きっとぼくは知っていた

だけども変えられない その手を繋げない
呼吸を止めてみたってさ 時間は止まらなかった

明日きみとぼくは離ればなれになる それをぼくはたしかに知っていた
きみが最後に笑うその笑顔が 少し歪むことも知っていた

何から伝えよう それさえわからない
コトバはきみに届くまで カタチを変えるから

世界にもし魔法があってそれをぼくが使えたら
テレパシーでココロすべてきみに届けるのに

遠く西の空が少しずつ晴れゆく この街にももうじき光が射すだろう
あの日に似た空は記憶を呼ぶけど そんな色もいつかは忘れてしまうだろう

世界にもし魔法があってそれをぼくが使えたら
なんてことを考えるにはオトナになりすぎたかな

きみのことを歌いたくて今日もウタを歌うけど
きみのことを思い出すと何故か歌えなくて


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

nano.RIPEの人気歌詞

1 レインカーテンいつもより少し暗い朝 首筋を冷
2 ハッチこんな風だったっけ どんな風だ
3 月影とブランコ月影照らす帰り道 公園を通り過
4 よすが巡りゆく時 深くなる秋 染まりだ
5 ゆきのせいまだ終わらない?悲しい物語 目
6 ページの中で飛び込んだ本の隙間に居場所があ
7 かえりみち耳元に きみの声 夕暮れ 立ち止
8 システム限りある日々覗き込んで見える世
9 あおのらくがき何かヒトツだけ残せるのならそれ
10 パトリシア随分遠くまで歩いてきたと思うけ
nano.RIPEの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.