木漏れ日の中で 歌詞 / 奥華子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 奥華子 > 木漏れ日の中で

奥華子「木漏れ日の中で」のジャケット画像

木漏れ日の中で

歌手:奥華子
作詞:奥華子
作曲:奥華子

木枯らしが街中を吹き抜けるよ 冷たい頬を強く押さえてみる
色付いた黄色のイチョウの葉が風の中でそっと揺れているよ

なんだか心寂しくなって あなたの言葉をなぞってみたよ
きっとこんな日でも暑がりのあなたは 平気な顔をして薄着でいるんだろう

この道を初めてあなたと歩いた時は まだ手も繋げずに
絶え間なく言葉を繋いで 笑っていたね

あなたが歩いて行く足元には いつも花が咲くように
いつまでも 枯れないように折れないように 水をあげ続けるよ

木漏れ日に包まれるような そんな場所であなたと二人でいたい
寝転がって気付くと日が暮れている そんな風に毎日過ごせたなら

無くしたくない物を探してみたら 思った程多くはないみたいだ
だからこのまま手と手を繋いで笑っていよう

あなたが歩いて行く足元には いつも花が咲くように
いつまでも 枯れないように折れないように 水をあげ続けるよ

あなたの喜びをあなたと笑いたい あなたの悲しみをあなたと泣きたい
あなたが見えなくても私が目になって あなたが歩けなくても私が足になって
二人で生きたい 二人で生きたい

あなたと歩いて行く足元には いつも花が咲くように
いつまでも 枯れないように折れないように 水をあげ続けるよ

木漏れ日に包まれるような そんな場所であなたと二人でいたい


アルバム「うたかた」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

奥華子の人気ランキング

1 君の笑顔春の光 風吹く街 君と出会ったあ
2 小さな星こんなに寂しい恋だと知ってたら
3 手紙大切な事はいつでも 心の後ろに
4 空に光るクローバーあなたがいて 私がいる ずっとこ
5 白いハート長い坂を 駆け足で登った あの頃
6 最終電車またすぐに会えるけど 寂しくて
7 しあわせの鏡ずっとそばで歩いて行こう 今こ
8 DROPいつから擦れ違ってたんだろう
9 透明傘星が見えない夜 止めた車の中 あ
10 迷路私にとっては ただのゴミにしか
奥華子の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.