真木柚布子「夢追い舟唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 真木柚布子 > 夢追い舟唄 歌詞

夢追い舟唄 / 真木柚布子
Amazonで見る

「夢追い舟唄」歌詞

歌手:真木柚布子
作詞:たきのえいじ
作曲:叶弦大

お酒呑むたび 酔うたびに
過ぎたあの日が 近くなる
二度も三度も あきらめて
あきらめきれず ふく涙
棹(さお)をさしてよ 夢追い舟に
命重ねてヨーオ ねぇあなた
 
岸を離れて 身を晒(さら)す
薄い縁(えにし)の 紙の舟
あなた点して 篝火(かがりび)を
淋しさばかり 沁みる日は
水の鏡に あなたが映る
恋しがらせてヨーオ 又じらす
 
夏をたたんで 秋がくる
咲いて七草 知る情け
肌の寒さは あなた故
焦がれる辛さ あなた故
せめてふたりで 夢追い舟を
漕いで行きたいヨーオ 向こう岸

真木柚布子の人気ランキング

真木柚布子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.