藍染の高尾 歌詞 / 真木柚布子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 真木柚布子 > 藍染の高尾

真木柚布子「藍染の高尾」のジャケット画像

藍染の高尾

歌手:真木柚布子
作詞:中嶋年張
作曲:弦哲也

隠した心は 捨てたはず
今更素顔に なれようか
夢だけ置いて 行きなんし
嘘で終われば 良(よ)いものを
聞けば涙が あふれ出て
一人の女に 戻ります

紺屋(こうや)のその手が 藍色に
染めゆくものなら 今すぐと
覚悟は誰も 止められぬ
煙管(きせる)差し出す 指先は
厚い化粧の その下で
うっすら染屋の 色になる

待たせたお人に 尽します
全てを委ねた 藍染の
高尾を待って くれなんし
今のうちから 少しずつ
嘘も言葉も 染直し
明けのその日に まいります


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

真木柚布子の人気ランキング

1 逢瀬橋もみじが紅を まだ残すのに 粉雪
2 北上川ふる里みちのく 北上川の 岸辺で
3 星空のタンゴ好きよ…どこか…狡(ずる)いあな
4 ここは日本海 浜坂の駅大阪発の はまかぜで 私ひとりの
5 下北半島いくら好きでも 叶わぬ恋に 泣い
6 越中恋歌踊る輪の中 秘かに抜けて 忍び逢
7 奥入瀬川出直すつもりの 方発ちなのに な
8 酒とバラ赤いルージュを 吐息で濡らし ひ
9 別離の雨あなたと暮らした この部屋で 思
10 砂の城夜明けの蒼さに 染められて ここ
真木柚布子の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.