徳永英明「誰より好きなのに」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 徳永英明 > 誰より好きなのに 歌詞

誰より好きなのに / 徳永英明
Amazonで見る

「誰より好きなのに」歌詞

歌手:徳永英明
作詞:古内東子
作曲:古内東子


「君には何でも話せるよ」と笑う顔が淋しかった
あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい
もう一度であった頃に戻れたなら
もっと上手に伝えられるのに
二人近くなりすぎて心はいつも裏腹の言葉になってく
 
やさしくされると切なくなる
冷たくされると泣きたくなる
この心はざわめくばかりで
追いかけられると逃げたくなる
背を向けられると不安になる
誰より好きなのに
 
手帳にそっとはさんだ写真はあなたばかり集めていた
友達に混じってはしゃぐ姿 私だけのものならいいのに
どうしてもあなたの声を聞きたくなると
受話器片手に理由考えて
途切れる会話の中でこの気持ちに気付いてよ、どうかお願い
 
伝えたいことは たったひとつ
ずっと想ってる あなただけを
いつも見てる いちばん近くで
やさしくされると切なくなる
冷たくされると泣きたくなる
誰より好きなのに

アルバム「VOCALIST 4」収録曲


徳永英明の人気ランキング

徳永英明の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.