中森明菜「月華」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中森明菜 > 月華

月華

歌手:中森明菜
作詞:松井五郎
作曲:梶原秀剛

夜の果て ただ逢いたかった
ひとりがつらくて きっと
ひとときの
慰めが欲しいのでしょう

唇は夕月になった
見つめられながら そっと
やさしさを
ただあげられたらいいのに

抱きしめて 夢を見せて
あなたの渇き 癒すまで
花のない 女でなど
いたくない

抱きしめて 愛にふれて
名残り惜しさに 揺れるまで
幻で済ませるのも
覚悟して 眠るから

Ah 恋は
Ah どこへ

長い髪 乱すほど もっと
涙も忘れる きっと
永遠に
気づかない幸せもいい

抱きしめて 夢を見せて
爪のさきまで なにもかも
別れ際 想い出まで
隠すから

抱きしめて 愛にふれて
めまいのように 一度でも
傷ついて苦しむほど
愛しさが 深くなる

Ah ふたり
Ah どこへ

抱きしめて 夢を見せて
抱きしめて 愛にふれて
さみしさに 夢を見せて
ためいきで 愛にふれて

抱きしめて 夢を見せて
抱きしめて 愛にふれて
さみしさに 夢を見せて
ためいきで 愛にふれて

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中森明菜の人気歌詞

中森明菜の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.