清浦夏実「銀色の悲しみ」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 清浦夏実 > 銀色の悲しみ 歌詞

銀色の悲しみ

歌手:清浦夏実
作詞:尾上文
作曲:神田朋樹

近すぎて悲しみが見えない
涙とか出てこない、もうない
さよなら、昨日までの想い出が、まだ
頭の上の空に
じっと止まってるよ
すごくきれいな宇宙の風に
僕らの影たちが
吹かれて、見えなくなる

星よりも遠くまで行く人
銀色の悲しみを残して
夢見た未来ははぐれたきり、ほら
人ごみ、まぎれながら
すぐに忘れるのさ
いつか大きな夕焼けの下
もう一度、会えるといい
同じ想い出の中で

君が聞きたかった言葉が何だったのか知っていたけど、
(君がうなづくから、僕もうなづいてしまう)
僕にはそれに答える力がなかった
(さよならの前に)
いつのまにかみんな表情のない顔に変わってしまう想いの中で
(僕が微笑むから、君も微笑んでしまう)
僕は変わらない大切な輝きをひとつだけ、
見つけられそうな気がした
(さよならの後で)

いつか大きな愛になりたい
君の幸せを
心が願えるくらい
会えないことはきっと
別れることじゃないから

アルバム「十九色」収録曲


「銀色の悲しみ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

清浦夏実の人気歌詞

1 ネバーランド「きっと見えない」 そう思い込んでいた ホントは
2 ホログラム机の上で生まれた世界 一番先に君に見せたかった
3 僕らの合言葉その小さな体で君は僕を励ます ほらほらほら
4 すぐそこにみえるもの水槽にうかぶ 泡ふたつ 窓越しに光る空へと溶けだす
5 悲しいほど青くいつか君と見上げた空は 心の中 そっと溶けていく
6 虹色ポケットスローモーション 蘇る校舎の影 夕陽を浴びながら
7 十九色夢うつろなこの世界を 何色に染めようか
8 旅の途中ただひとり 迷い込む旅の中で
9 アノネデモネ二人で出かけた まわりには
10 銀色の悲しみ近すぎて悲しみが見えない
清浦夏実の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEW怪盗
back number

♪じゃあちょっと目を閉じて 僕の
NEWアカシ
XIIX

♪例え悪魔に正論かざして向かって
NEW一服
東京事変

♪勤勉なあなたいとおしいねそっと
NEWもう少しだけ
YOASOBI

♪もう少しだけ もう少しだけ 踏み
NEW閃光
[Alexandros]

♪Blinding lights are fading out
NEWなないろ
BUMP OF CHICKEN

♪闇雲にでも信じたよ きちんと前
NEWLetter
Hey! Say! JUMP

♪ツライときでも 聞こえる魔法 離
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWGIRL'S GIRL PvP版
ZOC

♪私はいつ完成するのかな とりあ
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.