星羅「リトル・バイ・リトル」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 星羅 > リトル・バイ・リトル 歌詞

星羅「リトル・バイ・リトル」のCDジャケット

リトル・バイ・リトル

歌手:

星羅


作詞:星羅
作曲:星羅

目が合った時から繋がる糸は僕らの真ん中に
これからふたりの糸 なに色に染めてゆこうか
喋りながら聴いてるんだ 君の声、心を
僕のこの声も届いているかなぁ

思えば僕はほつれた糸を直すことなく
捨てて来てたなぁ

今出会えた糸は限りなく
透明で向こうが透けて見えるや
それはなんて頼りないんだろう
だから一歩一歩近づくよ
だからほんのちょっと近づいてよ
この糸を少しずつ強くしてこうよ

思い返してみたんだ 僕の閉じた目の中
無駄にしちゃったんだな あの子のくれたチョコ
ドアの前までやって来てたチャンスに居留守を使ってた
届いた本の包みさえひらかなかった

こんな僕も強く望んだら叶うのかなぁ
約束してたあの人 も一度 逢えたなら
今なら言える言葉たち 今だから触れられる見えない糸
たぐり寄せたらその先に見えるものは何?

今出会えた糸は限りなく
透明で向こうが透けて見えるや
それはなんて頼りないんだろう
だから一歩一歩近づくよ
だからほんのちょっと近づいてよ
この糸を少しずつ強くしてこうよ

「リトル・バイ・リトル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

星羅の人気歌詞

1 イツマイライフI say "I love you" たいがいのことは
2 美しく燃える森戸惑い纏って飛んだ 鮮やかな蝶を 独り
3 白線の内側にお下がりください白線の内側にお下がりください
4 フラれにきたの「夢とわたし どっちが大事?」なんて聞くダサい女が
5 泣きながら泣きながら花を買ったことありますか
6 冬の朝誰もいない朝焼けの街は静かで
7 たとえば大人になるほど怖くなるな 信じることが怖くなるな
8 ひらけごま知らない人が来ても ドアを開けちゃいけませんよって
9 君はともだち優しいね 何も訊かずにいてくれるの
10 初恋列車窓を流れてく 知らない街明かり 最終の中央線
星羅の楽曲一覧を見る▶
このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索
♪愛メロ♪ちゃんねる
[YouTube] [stand.fm]

関連人気情報

Period / CHEMISTRY
Period
CHEMISTRY

♪終わりなき旅の途中 立ち止まり
advance
TOKIO

♪過去の僕は今いる僕へ 何を残し
モンロー / 阿部真央
モンロー
阿部真央

♪甘美な魅力 キュートな響き (そ
サラリーマンの唄 / 阿部真央
サラリーマンの唄
阿部真央

♪出張先へ赴く電車は嫌いな上司と
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.