星羅「美しく燃える森」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 星羅 > 美しく燃える森 歌詞

美しく燃える森 / 星羅
Amazonで見る

「美しく燃える森」歌詞

歌手:星羅
作詞:谷中敦
作曲:川上つよし


戸惑い纏って飛んだ 鮮やかな蝶を 独り
静かに見つめてた 悲しみを連れて
出口無くして 森の入口
 
絡み付く 寂しさで
格好つかないで 迷っていたよ
 
束ねた譜面を開き 不慣れな手つきで Who
奏でたピアノから 聞こえてくるのは
呼び止める声 出掛けの「さよなら。」
 
かけてゆく 月の夜
変わり行く数字 見つめる君に
火をつけて 森の中
飛べなくなる蝶 見つめて酔い痴(し)れていようか
 
帰ろうとせずに はなそうとしない
終わり待つ夜と この美しい森
 
ひとつだけ 見えていた
夜空の星屑 目指して行くよ
目隠しで 森の中
戻らない旅に 出掛けて君を忘れようか?
 
止められない時を迷わず焦がしてく 炎で燃やし尽くしてくれ

星羅の人気ランキング

星羅の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.