滴草由実「カタチあるもの」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 滴草由実 > カタチあるもの 歌詞

「カタチあるもの」歌詞

歌手:滴草由実
作詞:Yumi Shizukusa
作曲:Yasumasa Ito


カタチあるもの いつか壊れてしまうときが来るのなら
見えない二人の想いだけは壊さないでいてほしい
 
君も見ているの? この遠い星を
家を出ても思い出通りすぎる
夕闇の街角に残り火灯る
いろんな苛立ちを君のせいにした
 
どんなに強がっていても 人は結局
人を求めてしまうんだね
おちる粉雪 頬につたう涙の数ほど
君に 急に逢いたくなった
 
カタチあるもの いつか壊れてしまうときが来るのなら
見えない二人の想いだけは壊さないでいてほしい
 
君と離れてからコンビニ生活 味気ない日々
また冷たい夕食 無言の月が心を見透かしている
偶然みたいにまた逢えたらいいな
 
ただ抱きしめあって 些細な事でケンカして
朝になれば元どおり
誰よりも 君の傍にいること なによりそれが
僕の幸せだったんだ…
 
カタチあるもの いつか壊れてしまうときがきたとしても
あの日 二人の約束だけはずっとこの手の中に
 
毎日長電話して 肌寒い夜も
あったかい未来話したね 眩しい夢のかけら
 
今は寂しい時さえ 近くにはいれない
「となりにいてほしい…」と あの日の声が響く
 
カタチあるもの いつか壊れてしまうときがくるのなら
見えない二人の想いだけは壊さないでいてほしい…

滴草由実の人気ランキング

滴草由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.