Hilcrhyme「雨天」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Hilcrhyme > 雨天 歌詞

雨天 / Hilcrhyme
Amazonで見る

「雨天」歌詞

歌手:Hilcrhyme
作詞:TOC
作曲:DJ KATSU

Weather is rainy day
外れる天気予報のせいにして 二人身を寄せ合いたいから
かばんから出した アイアイ傘
This is my umbrella
アスファルトが濡れて香った あの Flava 雨音混じりの music player
首からぶら下げ 今日も書くテーマ
 
言った「雨の日は痛くなる頭が」照る照る坊主も今は逆さま
紫陽花開く6月の梅雨 晴れたと思えば降り出す またすぐ
濡れた靴 冷え切った体 灰色の雲の隙間からは
未だ見せない陽の顔 雨上がりの虹を待とう
 
空に願いをとなう 二人願いをとなう まるで合言葉
「雨、止め」止まないなら
俺が太陽となる お前の太陽となる そして願いをとなう
「雨 雨、止め 止め」
 
ジメジメした空気湿度は高め 元気の出ないあなたへ奏でる
水かさ増して流れる川で 車止め見るのさ 朝まで
鬱になる天気 降水の天に 陽が落ちかけ 染まる空は紅蓮に
蛙 響き鳴く水の溜り 濡れぬ様 跳ねたねお互い
古びた雁木で雨宿り 濡れた髪から香り 少し崩れてる化粧も
愛しく思える なぁ そのまんまでいようよ
この雨は続く明日まで 空が悲しくて泣いただけ
たまには悪かない 洗い流してくれるその涙まで
 
空に願いをとなう 二人願いをとなう まるで合言葉
「雨、止め」止まないなら
俺が太陽となる お前の太陽となる そして願いをとなう
「雨 雨、止め 止め」
 
雲の切れ間から差した光 あなたとそこまで旅立ちたい
絶え間なく動くワイパー 視界が開く
ほら なぁ もう少しで着くよ
晴れてく天気に晴れる気持ち「にわか雨となれ」絶えず祈り
届き晴れ渡る そこには待っていたかの様に
虹が架かる 虹が架かる
君は笑う 空を繋げる7色の橋
虹が架かる 虹が架かる
君は笑う やっと見せたその笑顔 また見たくて
 
もう降ってないよ ほら 迎える 最後の夏
空が暗いとぼやく 濡れた体乾かす
俺がおまえの太陽となる
沈まない太陽となる
そして願いをとなう…
「雨、止め」のち 晴れる

アルバム「リサイタル」収録曲
アルバム「想送歌〜Mellow of Hilcrhyme〜」収録曲
アルバム「春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜」収録曲


Hilcrhymeの人気ランキング

Hilcrhymeの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.