Half-Life「entrance」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Half-Life > entrance

entrance

歌手:Half-Life
作詞:上里洋志
作曲:Half-Life

冷たい鉄の樹々 濁った酸性雨がべとついた潤いを宿す
枯れた心臓達が街に溢れた 苦い溜息は外の色を変えた

零れ落ちたフラストレーションと 偽りのTV映像
霞む視界に ふわり ふわりと

浮かんできたのは 敷き詰められた肌色 消えかけた影
空虚を包み やがて肥大してく 触れては壊れる また声にならない

何処へ行く? 陽のあたる世界はまだ 其処には無いから
眠れない朝はまた途切れた世界を 創り出している

痛い、、、狭い、、、暗い、、、
木霊したその先へ

浮かんできたのは? 聴こえてきたのは? 其処に見えたのは?

何を得る? この溢れた世界では 見失う事ばかりで
また誰の優しさに気付かずに泣く 眠る術さえ分からずに
今 騒音の中 優しく響いた
朝を見た、、、

アルバム「second narrow」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Half-Lifeの人気歌詞

Half-Lifeの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.