川江美奈子「三年目」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 川江美奈子 > 三年目

三年目

歌手:川江美奈子
作詞:川江美奈子
作曲:川江美奈子


久しぶりに噂聞いた
胸にゆらり風吹いた
軽く笑い、交わすくせが
身についた三年目

寄せる波に負けないよう
いつかあなたを超えるよう
息もつかず走ってきた
止まるのがこわかった

今はもう私の名前
呼ぶ声も忘れたけれど
あの春に積もってた哀しみは
陽だまりに形を変えたよ

これが最後の恋だね、と
二人最後の嘘ついた
守らなくていい約束
そっと揺れる三年目

きっとまた誰かのことを
身を焦がし愛するでしょう
この心縛ってた哀しみを
ほどいても叱らないよね

今はもうあなたの名前
呼ぶことも出来ないけれど
あの春に舞い降りた哀しみは
歩き出す私をくれたよ

偶然にすれ違っても
私はもう泣かないでしょう
あの春に積もってた哀しみは
陽だまりに形を変えたよ

届かないところに眠るよ
永遠に心に眠るよ

アルバム「LIFE375」収録曲


「三年目」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

川江美奈子の人気歌詞

川江美奈子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.